1. ホーム
  2. 新型コロナウイルス感染症関連情報>
  3. 新型コロナウイルスのワクチン接種について(随時更新)>
  4. 新型コロナウイルスワクチン接種証明書について【海外渡航用】

新型コロナウイルスのワクチン接種について(随時更新)

新型コロナウイルスワクチン接種証明書について【海外渡航用】

海外の渡航先への入国時に、相手国等が防疫措置の緩和等を判断する上で活用されるよう、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種の事実を公的に証明する接種証明書を交付します。接種証明書の交付申請を、令和3年7月26日(月)から利根町保健福祉センターにおいて受け付けをしています。

海外の渡航先への入国時に利用するものになりますので、発行対象者は、海外渡航予定のある方といたします。それ以外の方が接種の記録を必要とする場合は、接種時に発行される「接種済証」または「接種記録書」をご利用ください。

 

利根町で接種証明書を発行可能な方

・利根町が発行した接種券で接種を受けた方
・利根町が発行した接種券付き予診票で接種を受けた方

 

申請方法

以下の必要書類をご準備のうえ、利根町保健福祉センターまでお越しください。

必要書類

※(4)の書類は、
お持ちの場合のみ
提出してください。

(1)申請書(←ダウンロードできます。)
(2)海外渡航時に有効な旅券(パスポート)
   
※旅券番号が記載されているページの写し

(3)「予防接種済証」または「接種記録書」
(4)
接種券番号がわかるものの写し

必要に応じ
用意していただく書類

【旅券に旧姓・別姓・別名(英語)の記載がある場合】
(5)旧姓・別性・別名が確認できる本人確認書類
  (旧姓併記のされたマイナンバーカード、運転免許証、住民票の写し等)
【代理人による請求の場合】
(6)委任状(保護者または同居の親族以外の代理人による申請の場合)
  ※代理人の本人確認できるものと一緒にお持ちください。

パスポートの有効期限が切れている場合は、接種証明書の発行ができませんのでご注意ください。
 接種証明書に記載されるパスポート番号と海外渡航に使用するパスポートの番号が一致する必要があります。接種証明書を取得した後にパスポート番号が変わった場合には、接種証明書を改めて取得する必要があります。旅券発給申請中の方は、パスポートが交付された後に接種証明の申請を開始してください。また、外国籍の方等、外国政府の発行する旅券でも申請は可能です。
申請者が保護者又は同居の親族である場合は、申請者と被接種者の関係がわかるものが必要です。
 健康保険証(証明を受ける方のもの)、住民票(続柄などの記載があるもの)等をお持ちください。

 

注意事項

(1)新型コロナウイルスワクチン接種証明書は、基本窓口でお渡しさせていただきます。(接種証明書の内容を一緒にご確認いただきます。)

(2) 接種証明書の発行手数料はかかりません。

(3)書類に不備等があった場合に、申請者へ連絡する場合があります。必ず申請書に連絡先を記載してください。

 

◎【厚生労働省】海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書について

 ※〈English version〉海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書のホームページ(Web page of Vaccination Certificate)はこちら

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保健福祉センターです。

保健福祉センター内 〒300-1632 茨城県北相馬郡利根町下曽根221-1

電話番号:0297(68)8291 ファックス番号:0297(68)9149

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

利根町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
このページの先頭に戻る
スマートフォン用ページで見る