児童福祉

児童手当

児童手当とは

  児童手当は、家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資する制度です。

受給できる方(請求者)

   利根町内に住所があり、中学校修了前の児童(満15歳到達後の最初の3月31日までの間にある児童)を養育している方

・児童が日本国内に住んでいる場合に支給します。

・父母がともに児童を養育している場合、収入が恒常的に多い方や、児童の保険証の被扶養者などが受給対象者になります。

・父母が離婚協議中などにより別居している場合、児童と同居している方に優先的に支給します。

・児童養護施設等に入所している児童については、施設の設置者等に支給します。

・公務員の方は、勤務先から支給されます。

手続きについて(認定請求)

  お子さんが生まれた場合や、利根町に転入された場合、児童手当の手続きが必要です。

公務員の方は勤務先で手続きをしてください。 公務員でなくなった場合は、町の窓口で請求の手続きが必要となります。
(異動日の翌日から15日以内)

出生の場合は生まれた日の翌日から15日以内、転入の場合は転出予定日の翌日から15日以内に手続きが必要となります。 

(注意)
・手続きが遅れますと、支給されない月が発生しますので、里帰り出産などで請求が遅れないようご注意ください。
・すでに手当を受給している方で、出生等によりお子さんが増えた場合には、『額改定請求書』 を提出することにより手当が増額されます。下記【その他の手続き】参照

手続きに必要なもの

・印鑑

・手当振込先とする請求者名義の金融機関口座の写し

請求者の健康保険証写し(児童のものではありません)

・通知カード又は個人番号カード(請求者と配偶者分)

・請求者が児童と別居している場合には、児童が属する世帯の住民票の写し(世帯全員の本籍・続柄が記載されているもの)、別居している児童の個人番号が必要となります。

※そのほか、世帯の状況によって必要な書類を提出いただく場合があります。詳細は窓口にご確認ください。 

手当の額

対象児童の年齢 支給月額 支払月
3歳未満
1人 15,000円
毎年6月・10月・2月に、それぞれ前月分までを支給します。

3歳以上~小学校修了前

・第1子 ・ 第2子
・第3子以降(※)

1人 10,000円
1人 15,000円
中学生 1人 10,000円

※「第3子以降」とは、高校卒業まで(18歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の養育している児童のうち、3番目以降をいいます。

※所得制限額を超える方については、この表にかかわらず、特例給付として一律5,000円を支給します。

 所得制限額

  扶養親族と所得制限額は以下のとおりです。

扶養親族人数 所得制限額
0人 622万円
1人 660万円
2人 698万円
3人 736万円
4人 774万円
5人 812万円
6人以降

1人増えるごとに38万円(扶養親族が老人控除対象配偶者、または老人扶養親族の場合は44万円)を加算

その他の手続き

  届け出の内容が変わったときには、下記のとおり手続きが必要となります。 

提出を必要とするとき 届出の種類
他の市区町村に転出するとき 利根町へ → 受給事由消滅届
転出先へ → 認定請求書
受給者を変更するとき(離婚、所得要件等) 現在受給者の方 → 受給事由消滅届
新たに受給者となる方 → 認定請求書
受給者が公務員になったとき 利根町へ → 受給事由消滅届
勤務先へ → 認定請求書
支給対象となる児童が増えたとき(出生等) 額改定認定請求書(増額)
支給対象となる児童が減ったとき 額改定届(減額)
受給者の住所が変わったとき 住所変更届
養育している児童の住所が変わったとき 住所変更届 ※別居監護申立書が必要な場合があります。
受給者又は養育している児童の名前が変わったとき 氏名変更届

現況届の提出について

  毎年6月に「現況届」の提出が必要となります。
現況届は、毎年6月1日時点における児童の養育等の状況を確認するために、すべての受給者にご提出いただくものです。
現況届を提出されない場合、手当の支給が遅れたり、支給できなくなることがありますので、必ずご提出ください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは子育て支援課 子ども福祉係です。

役場 1F 〒300-1696 茨城県北相馬郡利根町布川841-1

電話番号:0297(68)2211 内線143・144・145 ファックス番号:0297(68)6910

メールでのお問い合わせはこちら
広告掲載について 閉じる
スマートフォン用ページで見る