1. ホーム
  2. くらし
  3. 健康
  4. 妊娠・出産
  5. 妊産婦 医療福祉費支給制度

妊娠・出産

妊産婦 医療福祉費支給制度

妊産婦 医療福祉費支給制度について

対象となる方

 母子手帳の交付を受けた妊産婦で,本人および配偶者,または扶養義務者の所得が所得制限額を超えない方が対象となります。

 対象期間は,母子健康手帳の交付を受けた日の属する月の初日(1日)から,出産日(流産を含む)の月の翌月末日までとなります。

申請が遅れた場合は,申請月からの認定となる場合があります。

 

◆所得制限額

本人および配偶者,または扶養義務者の所得を比較し,高い方の所得による所得制限額早見表


扶養親族数

所得制限額
(本人および配偶者)

うち,老人控除対象配偶者または
老人扶養親族がいる場合の所得制限額

所得判定する年
1人 2人
母子手帳の交付日が
■1月~6月の場合⇒前々年の所得

■7月~12月の場合⇒前年の所得
0人 6,300千円    
1人 6,680千円 6,740千円  
2人 7,060千円 7,120千円 7,180千円

 ※ 扶養親族1人につき,38万円加算となります。(ただし,所得税法に規定する老人控除対象配偶者または

   老人扶養親族については,1人につき44万円となります。)
  
※ 老人扶養親族とは,控除対象扶養親族のうち,その年1231日現在の年齢が70歳以上の方をいいます。
  
※ 扶養義務者とは,民法第877条第1項に定める扶養義務者(直系血族及び兄弟姉妹)をいいます。
  
※ 本人および配偶者を除く扶養義務者で主として生計を維持する方の前年(前々年)の所得が1,000万円以

   上の場合は,該当になりません。
  
※ 本人および配偶者の場合の所得認定の際は,所得から医療費控除,障害者控除などが控除されます。
  
※ 上記の所得制限額は,8万円の定額控除を加算した額です。

 

◆助成内容 (県マル福制度)

産科・婦人科の医療機関等で医療保険が適用となる入院及び外来診療費,医師の処方箋により処方された薬代等が助成の対象となり,マル福自己負担金のみの負担となります。

また,妊娠の継続と安全な出産のために他の診療科等の検査,診断,治療を要する場合は,産科・婦人科の医療機関等から紹介がある場合は対象になります。

茨城県内と県外とでは,医療機関等に受診したときの助成方法が異なります。

※文書料・定期健診・検査・薬の容器代等の保険診療外費用や入院時の差額ベット代・食事代等は助成の対象とはなりません。

 

◆助成内容 (町マル福制度)

町では,マル福自己負担金(外来自己負担金のみ対象。ただし、高校生年齢相当の方は入院自己負担金も対象)については,町独自で助成しておりますので,後ほど町から指定の口座に振り込まれます。

 また,県マル福制度の対象にならない産科・婦人科以外の医療機関等で医療保険が適用となる入院及び外来診療費,医師の処方箋により処方された薬代等も,町独自で助成しております。

 

◆医療福祉費受給者証の申請方法

 役場1階行政棟 保険年金課まで,次のものを持参して申請してください。申請後,認められた方には,「医療福祉費受給者証」が交付されます。

 【申請に必要なもの】

  1 健康保険証(対象者のお名前が入ったもの)

  2 印鑑(朱肉を使用するもの)

  3 口座番号のわかるもの(注1)

  4 所得のわかるもの(注2)

  5 母子手帳

      
注1: ゆうちょ銀行以外で受給者本人または家族の預金通帳またはキャッシュカード
      
注2: 所得判定する年に利根町に転入された方と未申告の方は,次の書類が必要になります。
           課税証明書・源泉徴収票など扶養人数の記載のある所得を証明する書類または非課税証明書

    また,茨城県内の市町村から転入された方で,県マル福制度を受給していた人は,前住所地

    発の医療福祉費受給者証交付状況証明書が必要となります。
      (前住所地での申請には,健康保険証,印鑑,医療福祉費受給者証が必要になります。)

 

◆茨城県内の医療機関等に受診したとき

医療機関等や薬局の窓口では,健康保険証とともに「医療福祉費受給者証」を提示することで,マル福自己負担金のみをお支払いいただきます。

ただし,マル福自己負担金(外来自己負担金のみ対象)を町独自で助成しておりますので,後ほど町から指定の口座に振り込まれます。

※ 保険適用外費用については助成の対象となりませんので,別途お支払ください。

※ 治療用装具(コルセット・眼鏡等)を作成した場合は,加入している健康保険組合などへ治療用装具の作成費

  用の支給申請を行い,支給決定通知を持参のうえ,保険年金課へ支給申請してください。

   「マル福自己負担金」

   ◎ 外来自己負担金 一つの医療機関等につき,1日600円まで
           (1カ月2回までの負担・1,200円を限度。同じ医療機関等へ3回以上行った場合,3回目以降は

        自己負担なし。)

   ◎ 入院自己負担金 一つの医療機関等につき,1日300円,1カ月上限3,000円まで

   ◎ 調剤薬局 自己負担なし

 
「外来自己負担金を町独自で助成」

   ○ お支払いいただいた外来自己負担金の支給申請は必要ありませんが,領収証は捨てずに保管してください。

   ○ 振り込み予定

外来自己負担金は,次の日程で町から指定の口座に振り込む予定です。なお,通帳には,『ジコフタン○○ガツ』と記帳されますので確認ください。

 

送 金 対 象 診 療 月

振 込 予 定 月

2~4月診療分

7月 末

5~7月診療分

10月 末

8~10月診療分

翌年1月 末

11~1月診療分

翌年4月 末

 

※ 茨城県内で受診したときでも,1カ月内に2回までの受診で外来自己負担金がともに600円未満の場合は,町で受診状況が把握できませんので,領収書(コピー不可),医療福祉費受給者証,印鑑(朱肉を使用するもの)をお持ちになり,1カ月分をまとめて,翌月以降に保険年金課の窓口に支給申請してください。後ほど町から指定の口座に振り込まれます。

原則として,領収書はお返しいたしません。なお,支給申請できる期間は,お支払いをされた翌日から5年以内です。

 

茨城県外の医療機関等に受診したとき

医療福祉費受給者証を利用できませんので健康保険証を提示し,一旦一部負担金をお支払いいただき,領収書を必ず受け取りまして,1カ月分をまとめて,翌月以降に,支給申請してください。後ほど町から指定の口座に振り込まれます。

【医療費の申請方法】

役場1階行政棟 保険年金課まで,次のものを持参して申請してください。

【申請に必要なもの】

1 保険診療分の内訳が明記された領収書(コピー不可)

2 医療福祉費受給者証

3 健康保険証

4 印鑑(朱肉を使用するもの)

5 口座のわかるもの(注)

       注:ゆうちょ銀行以外で受給者本人または家族の預金通帳またはキャッシュカード

  ※ レシート及び手書きの領収書の場合は,医療機関等の窓口で名前と保険点数を必ず記入してもらっ

    てください。原則として,領収書はお返しいたしません。

  ※ 支給申請できる期間は,お支払いをされた翌日から5年以内です。

  ※ 治療用装具(コルセット・眼鏡等)を作成した場合は,加入している健康保険組合などへ治療用装具の

    作成費用の支給申請を行い,支給決定通知を持参のうえ,支給申請してください。

 

産科・婦人科以外の医療機関等にかかるとき

  上記の「茨城県外の医療機関等にかかるとき」と同様の取扱いとなります。

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保険年金課 医療福祉係です。

〒300-1696 茨城県北相馬郡利根町布川841-1

電話番号:0297(68)2211 内線237 ファックス番号:0297(68)7990

メールでのお問い合わせはこちら
広告掲載について 閉じる
スマートフォン用ページで見る