後期高齢者医療

保険料

保険料

 

保険料の決定方法

 保険料は、「茨城県後期高齢者医療広域連合」の議会において決定された条例で定められ、「賦課限度額」や「保険料率」に基づき「茨城県後期高齢者医療広域連合」が決定します。 

 保険料は、被保険者全員が負担する「均等割額」と、所得に応じて負担する「所得割額」を合計して、個人単位で計算されます。

 保険料率は2年ごとに見直されます。平成28年度から平成29年度の保険料率は以下のとおりです。 

 

 保険料年額(100円未満切捨て)=均等割額(39,500円)+所得割額{(前年の総所得金額-基礎控除33万円)}×8.00%

 

 ※賦課限度額 57万円

 

 年度の途中で被保険者になられた方は、資格取得月からの月割りで保険料額が計算されます。

 

保険料の納付方法

 広域連合で決定された保険料は、利根町が定める納期によって次の方法で納付していただくことになります。

 なお、保険料の徴収は利根町で行います。

 

年額18万円以上の年金を受けている方は、原則として年金から天引きされます。(特別徴収)

それ以外の方は、町から納付書や口座振替などで個別に納めます。(普通徴収)

 ・特別徴収

  偶数月(4月・6月・8月・10月・12月・2月)に振り込まれる年金額から天引きされます。

 ・普通徴収

  7月から翌年2月までの8期となります。該当する方には7月中旬に納付書が郵送されます。

   ※介護保険料・住民税等と合わせた保険料額が、年金額の1/2を超える人は年金からの天引き(特別徴収)の対象にならず、納付書(普通徴収)になります。

   ※年金からの天引き(特別徴収)となる人でも、「徴収方法変更申請書」により口座振替での納付方法に変更することができます。

 

保険料の軽減

 世帯の所得水準に応じて均等割額が次のとおり軽減されます。

 

均等割額が軽減される世帯

軽減割合

同一世帯内の被保険者及び

世帯主の総所得金額等が

基礎控除額(33万円)を超えない世帯で、被保険者全員が

年金収入80万円以下(その他各種所得がない)の世帯

9割

基礎控除額(33万円)を超えない世帯

8.5割

基礎控除額(33万円)+「27万円×世帯の被保険者数

を超えない世帯

5割

基礎控除額(33万円)+「49万円×世帯の被保険者数」

を超えない世帯

2割

 

 ※収入が公的年金のみの方は、年金収入額から公的年金控除(年金収入額が330万円未満は120万円)を差し引き、65歳以上の方は、さらに高齢者特別控除(15万円)を差し引いて判定します。

 

 ※所得割額を負担する方のうち、基礎控除後の総所得金額等が58万円以下(年金収入のみの方は、その額が153万円から211万円まで)の場合は、所得割額が一律2割軽減されます。

 

○被用者保険の扶養者に係る軽減

 後期高齢者医療制度の資格を取得した日の前日に、会社などの健康保険の被扶養者であった方は、保険料の均等割額が7割軽減されます。なお、所得割額は課せられません。ただし、国民健康保険及び国民健康保険組合に加入されていた場合は対象となりません。

 

保険料の軽減または免除

 災害などにより重大な損害をうけたときや、その他の特別な事情により生活が著しく困窮し、保険料を納めることが困難な方については、申請していただくことにより、保険料が減額または免除になる場合があります。

 

 

「茨城県後期高齢者医療広域連合」はこちらから

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保険年金課 後期医療係です。

〒300-1696 茨城県北相馬郡利根町布川841-1

電話番号:0297(68)2211 内線239 ファックス番号:0297(68)7990

メールでのお問い合わせはこちら
広告掲載について 閉じる
スマートフォン用ページで見る