1. ホーム
  2. くらし
  3. 健康
  4. 子育て
  5. 子育てに関する手当

子育て

子育てに関する手当

手当

◆児童手当
 児童手当は、家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資する制度です。

【受給できる方(請求者)】

 利根町内に住所があり、中学校修了前の児童(満15歳到達後の最初の3月31日までの間にある児童)を養育している方

・児童が日本国内に住んでいる場合に支給します。

・父母がともに児童を養育している場合、収入が恒常的に多い方や、児童の保険証の被扶養者などが受給対象者になります。

・父母が離婚協議中などにより別居している場合、児童と同居している方に優先的に支給します。

・児童養護施設等に入所している児童については、施設の設置者等に支給します。

・公務員の方は、勤務先から支給されます。

 

【手続きについて】

お子さんが生まれた場合や、利根町に転入された場合、児童手当の手続きが必要です。
公務員の方は勤務先で手続きをしてください。 公務員でなくなった場合は、町の窓口で請求の手続きが必要となります。
出生の場合は生まれた日の翌日から15日以内、転入の場合は転出予定日の翌日から15日以内に手続きが必要となります。 

 (注意) 手続きが遅れますと、支給されない月が発生しますので、里帰り出産などで請求が遅れないようご注意ください。

 (注意) すでに手当を受給している方で、出生等によりお子さんが増えた場合には、『額改定請求書』 を提出することにより手当
            が増額 されます。 

【手続きに必要なもの】

・印鑑

・手当振込先とする請求者名義の金融機関口座の写し

・請求者の健康保険証写し(児童のものではありません)

・児童手当用所得証明書(1月1日時点に住所のあった市区町村発行のもの)
  ※1月1日時点で利根町に住所がある方については添付していただく必要はありません。

・通知カード又は個人番号カード(申請者と配偶者分)

・請求者が児童と別居している場合には、児童が属する世帯の住民票の写し(世帯全員の本籍・続柄が記載されているもの)、
   別居している児童の個人番号が必要となります。

※そのほか、世帯の状況によって必要な書類を提出いただく場合があります。詳細は窓口にご確認ください。 

【手当の額】

対象児童
支給月額
支払月
3歳未満
1人 15,000円
毎年6月・10月・2月に、それぞれ前月分までを支給します。
3歳以上~小学校修了前
   ・第1子・第2子
   ・第3子以降
1人 10,000円
1人 15,000円
中学生
1人 10,000円

 

 

 

 

 

 



※所得制限額を超える方については、この表にかかわらず、特例給付として一律5,000円を支給します。

 <所得制限額> 扶養親族と所得制限額は以下のとおりです。

     ・0人  622万円

     ・1人  660万円

     ・2人  698万円

     ・3人  736万円

     ・4人  774万円

     ・5人  812万円

※扶養親族の数が6人以上の場合は、扶養親族1人につき38万円(扶養親族が老人控除対象配偶者または老人扶養親族の場合は44万円)を加算した額となります。

【その他の手続き】

届け出の内容が変わったときには、下記のとおり手続きが必要となります。 

提出を必要とするとき

届出の種類

新たに受給資格が生じたとき

認定請求書

他の市区町村に転出するとき

利根町へ 受給事由消滅届

転出先へ 認定請求書

支給対象となる児童が増えたとき(出生等)

支給対象となる児童が減ったとき

額改定認定請求書(増額)

額改定届(減額)

受給者が公務員になったとき

利根町へ 受給事由消滅届

勤務先へ 認定請求書

受給者の住所が変わったとき

住所変更届

養育している児童の住所が変わったとき

住所変更届 
 ※別居監護申立書が必要な場合があります。

受給者又は養育している児童の名前が変わったとき

氏名変更届

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





【現況届の提出について】

毎年6月に現況届の提出が必要となります。現況届は、毎年6月1日時点における児童の養育等の状況を確認するために、すべての受給者にご提出いただくものです。現況届を提出されない場合、手当の支給が遅れたり、支給できなくなることがありますので、必ずご提出ください。

【窓口】 子育て支援課 子ども福祉係 TEL:0297-68-2211(内線334・333)

 

◆子育て応援手当支給制度
平成22年4月1日以降に生まれた第2子以降の子どもに対し、手当を支給します。ただし、以下の支給要件をすべて満たしていることが支給の要件となります。

【支給要件】

(1)第2子(第3子以降)の出産の日より1年以上前から継続して利根町に養育者の住所(住民票)を有すること。

(2)出産時において世帯の構成員に係る町税、介護保険料、国民健康保険税、利用者負担額(保育料)、上下水道使用料に滞納がないこと。

【手当の額】

 
区 分
手当の額
支給内訳
第2子
500,000円
1年目(出産時)に38,000円
2年目から15年目まで毎年33,000円
第3子以降
1,000,000円
 1年目(出産時)に76,000円
2年目から15年目まで毎年66,000円

 

 

 

 

 

 



【窓口】 子育て支援課 子育て支援係 TEL:0297-68-2211(内線332) 

 

◆児童扶養手当
父母の離婚などで、父又は母と生計を同じくしていない子どもが育成される家庭(ひとり親家庭)の生活の安定と自立の促進に寄与し、子どもの福祉の増進を図ることを目的として支給される手当です。(平成26年12月以降は、公的年金受給者であっても、年金額が児童扶養手当額より低い方は、その差額分の児童扶養手当を受給できるようになりました。)

【支給の対象となる児童】
次のいずれかに当てはまる18歳までのお子さんを養育している場合です。

  1. 父母が婚姻を解消した児童
  2. 父(母)が死亡した児童
  3. 父(母)が一定の障害の状態にある児童
  4. 父(母)の生死が明らかでない児童
  5. 父(母)が引き続き1年以上遺棄している児童
  6. 父(母)が裁判所からのDV保護命令を受けた児童
  7. 父(母)が引き続き1年以上刑務所等に拘禁されている児童
  8. 母が婚姻によらないで生まれた児童
  9. 母が児童を懐胎した当時の事情が不明である児童

※ただし、上記の要件に該当していても請求者の所得により対象とならない場合があります。

【手当の額】(平成29年4月~)

対象児童
全額支給
一部支給
1人
月額 42,290円
42,280円~ 9,980円
2人
月額 52,280円
52,260円~14,980円
 3人 
 月額 58,270円 
 58,240円~17,980円 

※児童が4人以上の場合は、上記金額に1人当たり全部支給で5,990円、一部支給で5,980~3,000円(所得に応じて決定)
   が加算されます。
※申請等、詳細は窓口に確認してください。

【窓口】 子育て支援課 子ども福祉係 TEL:0297-68-2211(内線333・332)
           茨城県県南県民センター 地域福祉室 TEL:029‐822‐7217

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは子育て支援課です。

役場 議会棟1F 〒300-1696 茨城県北相馬郡利根町布川841-1

電話番号:0297(68)2211 内線332・333・334 ファックス番号:0297(68)6910

メールでのお問い合わせはこちら
広告掲載について 閉じる
スマートフォン用ページで見る