後期高齢者医療

高額療養費

高額療養費

 1ヶ月の医療費の自己負担額(一部負担金)が高額になったとき、自己負担限度額を超えた額は「高額療養費」として払い戻されます。

 

自己負担限度額

(1)外来の場合

 外来一部負担金の1ヶ月の個人合計額が自己負担限度額(別表)を超えた場合に、超えた分が払い戻されます。

  

(2)入院の場合

 入院の自己負担限度額までを医療機関にてお支払いいただきます。自己負担限度額を超えた部分については、後期高齢者医療が直接医療機関に支払うことになりますので、原則として被保険者への払い戻しはありません。なお、医療機関窓口において「区分1」または「区分2」の限度額適用を受ける場合には「限度額適用・標準負担額減額認定証」の提示が必要になりますので交付申請をしてください。申請月の初日から限度額の適用を受けることができます。

 

(3)外来+入院の場合

 外来の限度額を個人単位で適用したあと、入院時の一部負担を合算して世帯単位で自己負担限度額(別表)を適用します。入院時の食費や居住費、保険適用外の差額ベッド代、後期高齢者医療被保険者以外の医療費、介護保険が適用されているもの等については、合算の対象となりません。

 (別表)高額療養費限度額一覧

 

所得区分

「外来」の場合

(個人単位)

「入院+外来」の場合(世帯単位)

現役並み所得者

57,600

80,100円+(医療費-267,000)×1

(または44,400円※1)

一般

14,000

[年間上限14万4000円]

57,600

(または44,400円※1)

区分2

8,000

24,600

区分1

8,000

15,000

※1 過去12か月の間に、世帯単位の限度額を超えた支給を4回以上受けた場合は、4回目以降の限度額が44,400円となります。

 

高額療養・高額介護合算療養費制度について

 

「高額療養・高額介護合算療養費制度」とは、同一世帯の後期高齢者医療の被保険者において、医療保険自己負担と介護保険サービスの利用者負担の両方の自己負担がある場合に、両制度における自己負担額の合計額に年間の基準額を設定することで負担を軽減する制度です。

 年間の世帯負担額が基準額を超えた場合、保険年金課の窓口へ申請していただくことで、基準額を超えた額が「高額医療・高額介護合算医療費」として払い戻されます。

 

区分

基準額

現役並み所得者

670,000円

一般

560,000円

区分2

310,000円

区分1

190,000円

   自己負担額の合計額は、毎年8月1日から翌年7月31日までの12か月間で計算します。

 

 

「茨城県後期高齢者医療広域連合」はこちらから

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保険年金課 後期医療係です。

〒300-1696 茨城県北相馬郡利根町布川841-1

電話番号:0297(68)2211 内線239 ファックス番号:0297(68)7990

メールでのお問い合わせはこちら
広告掲載について 閉じる
スマートフォン用ページで見る