史跡・文化財(国・県および町指定文化財) -詳細-

赤門(あかもん)

赤門来見寺は、府川城主豊島頼継により、永禄3年(1560)に創建されました。当初は、頼継寺(らいけいじ)といいましたが、徳川家康の上意により名が改められたといいます。布川の来見寺(曹洞宗)の中で赤門は最も古い建造物で、宝暦5年(1755)に再建されました。家康公ゆかりの寺の門ということから、特別に赤く塗ることを許されたもので、普通は通ることを遠慮したものだと言われています。扁額は、明僧の心越禅師の書です。かつては、現在の駐車場の所にありました。赤門に向かって右側には「赤門やおめずおくせず時鳥」という小林一茶の句碑が建っています。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課です。

利根町生涯学習センター内 〒300-1615 茨城県北相馬郡利根町中谷967

電話番号:0297(68)3263

メールでのお問い合わせはこちら
広告掲載について 閉じる
スマートフォン用ページで見る