史跡・文化財(国・県および町指定文化財) -詳細-

布川城跡

布川城跡府川城は、中世末期の永正16年(1519)頃、豊島頼継が当時「府川」(布川となったのは近世に入ってから)と呼ばれていた台地に築いた城です。天正18年(1590)に豊島氏が滅んだあと、「府川城を守りて、常陸の佐竹義宣に備えるべし」と松平信一が府川城主として配置されています。この城は、現在の徳満寺付近一帯にありましたが、今は、空掘と土塁の跡のみが残っています。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課です。

利根町生涯学習センター内 〒300-1615 茨城県北相馬郡利根町中谷967

電話番号:0297(68)3263

メールでのお問い合わせはこちら
広告掲載について 閉じる
スマートフォン用ページで見る