学校教育

小学校について

就学時健康診断について

町教育委員会では、新入学児童の保護者に対し、学校名や日時等を記入した就学時健康診断通知書を10月中に郵送します。
指定された学校では、当日、健康診断と簡単な発達調査を行いますので、就学時健康診断通知書および母子手帳を持参のうえお子さんを連れてきてください。

小学校への入学について

入学通知書を1月末日までに各家庭に郵送します。
この入学通知書には、

  1. 児童名・生年月日(満6歳に達した子ども)
  2. 入学する学校名
  3. 入学式の日時が記入されています。

また、入学通知書の送付後、当町に転入してきた方は、住民異動届出書の写しと転入前の学校から届いた入学通知書を持参し、教育委員会 学校教育課 学務係 までおいでください。入学通知書を発行します。
なお、私立小学校へ入学される方は、利根町教育委員会から届いた入学通知書と私立学校が発行した入学承認書等を利根町教育委員会 学校教育課 学務係へ提出してください。

学校名
通学区域
早尾、大平、横須賀、羽根野、上曽根、下曽根、下井、押付新田、中田切(中田切の一部・利根ニュータウン区内を除く)、布川の一部、もえぎ野台1丁目・2丁目
布川(布川の一部を除く)、八幡台、中田切(中田切の一部・利根ニュータウン区内)、羽中、四季の丘
奥山、押戸、大房、立木、もえぎ野台3丁目~5丁目、福木、中谷、立崎、惣新田、加納新田、東奥山新田、布川の一部

指定学校の変更について

学校の通学区域は、お住まいにより定められておりますが、以下のような理由がある場合は、指定学校の変更申し立てをすることが出来ます。

区分
許可基準
特別支援学級
特別支援学級に入級を希望しているが,指定学校に特別支援学級がない場合
転居
学期途中で転居し,通学に支障がない場合
転居予定等
住宅ローンの関係で住民票のみ異動し,そのまま居住している場合
身体的理由
疾病や身体の障害などにより,指定学校に通学が困難な場合
家庭の事情
・両親が共働き等で,昼間同一世帯内に保護するものがなく,祖父母宅等から近い学校に通学させる場合
・両親が共働き等で,昼間同一世帯内に保護するものがなく,当該保護者の就労場所から通学する必要がある場合
・事情により住民票異動ができないまま,現住居地の学校に就学する場合(親の離婚・金銭上のトラブル等で転校を余儀なくされるもの)
教育的配慮
いじめや不登校などで教育委員会が必要と認めたもの
その他教育委員会が適当であると認める場合

利根町内で転居したとき

利根町内での転居により学校が変わる場合は、転校の手続きが必要です。
転校する場合は、在籍校から転校に必要な書類を交付してもらい、住民異動票の写しを持参のうえ教育委員会 学校教育課 学務係までおいでください。

利根町外へ転出するとき

利根町の学校から他市町村の学校へ転校する場合は手続きが必要です。
在籍校から転校に必要な書類を交付してもらい、転出先の教育委員会で手続きをしてください。

利根町外から転入したとき

他市町村から転入により利根町の学校に転校する場合は、住民異動届出書の写しと在籍していた学校で交付された書類を持参し、利根町教育委員会 学校教育課 学務係で手続きをしてください。

就学援助制度について

経済的な理由でお子さんに義務教育を受けさせることが困難な保護者の方に、学用品費や給食費など、学校でかかる費用の一部を援助しています。
対象となるのは、現在、生活保護を受けている方、それに近い生活状態の方、および疾病・事故・災害のため、経済的に困窮している方で、学級費、給食費などが納入困難なご家庭です。就学援助を希望される方は、 教育委員会 学校教育課 学務係へ御相談下さい。

学校生活体験について

外国に住んでいるお子さんが、夏休み等で利根町へ一時帰国し、1~2週間程度利根町の小学校生活を体験したい場合は、教育委員会 学校教育課 学務係へ御相談下さい。

※受入れ先の学校の状況(行事等)や時期によっては、ご希望に添えない場合もあります。

<留意事項>

・体験入学受入れ校は原則、一時帰国先の学区の学校になります。

・体験入学期間は最大二週間とさせていただきます。

・給食費や教材費等はすべて自己負担になります。

・登下校中及び学校内で発生したケガ等は、保護者が責任を負うことになります。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは学校教育課 です。

役場 行政棟4F 〒300-1696 茨城県北相馬郡利根町布川841-1

電話番号:0297(68)2211 ファックス番号:0297(68)7989

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る