○利根町緊急保育サービス事業に関する規則

平成5年6月29日

規則第16号

(目的)

第1条 この規則は,保護者の傷病等による緊急時の保育需要に対応するため,利根町緊急保育サービス事業(以下「事業」という。)を実施し,もって児童の福祉の増進を図ることを目的とする。

(対象要件)

第2条 この事業は,保護者が次の各号のいずれかに該当することにより,緊急かつ一時的に家庭において児童を保育することができないと認められる場合であって,かつ,同居の親族その他の者が当該児童を保育することができないと認められる場合に実施するものとする。

(1) 保護者が疾病,出産等により入院するとき。

(2) 保護者がその三親等以内の親族を看護又は介護するとき。

(3) 災害又は事故により児童の保育ができないとき。

(4) 社会的にやむを得ない事由により児童の保育ができないとき。

(5) その他特に町長が必要と認めたとき。

(対象児童)

第3条 対象となる児童は,児童福祉法(昭和22年法律第164号)第24条の規定による入所の対象とならない就学前の児童とする。

(実施する施設)

第4条 実施する保育所(以下「実施保育所」という。)は,町長があらかじめ委託した社会福祉法人の設置する町内の保育所とする。

(入所児童の定員)

第5条 定員は,原則として1施設1名とする。ただし,保育所において,入所可能な場合は,この限りでない。

(保育時間及び休日)

第6条 保育時間及び休日は,民間保育園規則に基づくものとする。

2 町長は,保護者の家庭の状況を考慮し,保育時間を変更できるものとする。ただし,実施保育所での保育時間の範囲内とする。

(入所申請)

第7条 保護者は,実施保育所に児童を入所させようとするときは,利根町緊急保育サービス事業申請書(様式第1号)を町長に提出しなければならない。

2 町長は,前項の規定による申請があった場合は,これを審査し適当と認めたときは,利根町緊急保育サービス事業決定通知書(様式第2号甲・乙)により施設及び保護者に通知するものとする。

3 第1項の規定にかかわらず,保護者の傷病等により緊急性が著しく高い場合には,町長は,実施保育所の長の同意により即時入所させることができる。この場合において,保護者は,事後速やかに第1項の手続きをとらなければならない。

(健康状態等の聴取)

第8条 町長は,前条第1項に規定する申請時に健康状態等を聴取し,実施保育所に児童の処遇に支障のないよう指導するものとする。

(費用負担)

第9条 緊急保育サービスを受けた保護者は,当該保育に要した費用の一部を別表の区分により負担しなければならない。

(施設における入所の記録)

第10条 実施保育所の長は,入所した児童の保育内容等について,利根町緊急保育サービス事業記録表(様式第3号)に記録しなければならない。

(完了届)

第11条 実施保育所の長は,事業完了後,速やかに利根町緊急保育サービス事業完了届(様式第4号)を町長に提出しなければならない。

(経費の支弁)

第12条 町長は,委託に要する経費を実施保育所に支弁する。

(補則)

第13条 この規則に定めるもののほか,必要な事項は,町長が別に定める。

附 則

この規則は,平成5年7月1日から施行する。

附 則(平成11年規則第5号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成27年規則第17号)

この規則は,平成27年4月1日から施行する。

別表(第9条関係)

利根町緊急保育サービス事業保護者負担額

利用児童の入所日に属する世帯区分

保護者負担額(日額)

・一般世帯

2,670円

・生活保護法による被保護世帯

・市町村民税が非課税である母子世帯

0円

画像

画像

画像

画像

画像

利根町緊急保育サービス事業に関する規則

平成5年6月29日 規則第16号

(平成27年4月1日施行)